海外(欧州)さっかー中心(+たまにF1)のみーはーぶろぐです。姉妹で更新中☆姉はユーべ&アッズーリ&ヤルノ、妹はローマ&アルヘン&ジェンソン応援してます。近頃更新サボり気味ですいませんm(_ _;)m


by sakananokandume
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2006年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ベティスのスペイン代表MFホアキンのバレンシア移籍がまとまった。バレンシアは最終的にホアキン獲得に2400万ユーロ(約35億円)を費やすことになったが、この移籍にウルグアイ人MFマリオ・レゲイロのベティスへの譲渡は含まれていない。ホアキンは24日朝、メディカルチェックを受けるためバレンシアに向かう前にチームメイトらに分かれを告げた。ホアキンの入団発表は明日金曜日(25日)にも行われる予定だ。

ホアキン獲るんですかー。どうせならアイマールがいる時に来てくれたらよかったのにー。
何かバレンシアってスペイン人率高いですね~。まぁ、スペインのチームだしなぁ。バルサとかはあんまりスペイン人いない気もするけど・・。
管理人の中にはホアキン=ベティス、F・トーレス=アトレティコってイメージが勝手にあるんで、バレンシアのホアキンとかアトレティコじゃないトーレスは想像できないですね~。まぁ、すぐ慣れると思いますけど(^^;)
[PR]
by sakananokandume | 2006-08-24 22:50 | リーガエスパニョーラ
GK
ロベルト・アボンダンシエリ(ヘタフェ)
レオ・フランコ(A・マドリー)

DF
ウーゴ・イバーラ(ボカ・ジュニアーズ)
ファブリシオ・コロッチーニ(デポル)
ガブリエル・ミリート(サラゴサ)
ワルテル・サムエル(インテル)
クレメンテ・ロドリゲス(S・モスクワ)
ファブリシオ・フエンテス(アトラス)

MF
ハビエル・マスチェラーノ(コリンチャンス)
パブロ・サバレタ(エスパニョール)
マキシ・ロドリゲス(A・マドリー)
ファン・ロマン・リケルメ(ビジャレアル)
レアンドロ・ソモサ(ビジャレアル)
ルイス・ゴンザレス(ポルト)
フェデリコ・インスーア(ボルシアMG)

FW
リオネル・メッシ(バルセロナ)
カルロス・テベス(コリンチャンス)
セルヒオ・アグエロ(A・マドリー)
ダニエル・ビロス(サンテティエンヌ)
セサル・デルガド(クルス・アスル)


W杯のメンバーから、けっこう入れ替わりましたねー。微妙に知らない選手もいる・・。アジャラとかエインセとかはいないのかー。。アイマールとサビオラとかもいなーい。まぁ、アイマールは選ばれない気がしてたけど(--)あっコロは選ばれてますね(笑)ってゆうか、コロ、ちゃんとスペインに戻ったみたいですねー。デポル対ミラン戦(たぶん)で点決めてた気がします。しかもボランチにコンバートされたみたいですね~。
アグエロは代表入りしたんですね。がんばれ~。
[PR]
by sakananokandume | 2006-08-21 00:20 | アルヘン
サラゴサがバルセロナのアルゼンチン代表FWハビエル・サビオラ(24)獲得に再び興味を示していると‘SPORT’紙が報じた。

サラゴサは、昨年もサビオラ獲得に興味を示していたが、その値段の高さ(移籍金600万ユーロ(約8億8000万円)、年俸350万ユーロ(約5億円))から獲得を断念していた。その状況は今年も変わっていないが、サラゴサはサビオラの獲得を諦めてはおらず、サビオラが年棒ダウンに応じてくれる可能性に懸けているようだ。

バルセロナのメキシコ・アメリカツアーにも参加し、ツアー中2得点をマークしたサビオラだが、ライカールト監督は頑なまでにサビオラを戦力外とみなしており、バルセロナに彼の居場所はない。最終的に移籍先が見つからない場合は、バルセロナの選手として登録され、背番号も与えられるが、それはあくまでも最終手段でしかない。プレーおろかベンチ入りの可能性さえ少ない状況は容易に想像できる。

そのサビオラに興味を示しているサラゴサは、今夏、MFアンドレス・ダレッサンドロ(25)、MFパブロ・アイマール(26)を獲得しており、もしサビオラの移籍が実現すれば、アルゼンチンから遠く離れたサラゴサの地でリーベルホットラインが生まれることになり、これまでのカウンターサッカーとは違うスタイルを見ることができるかもしれない。

依然クリアにならないサビオラの移籍問題。そして残された時間は少ない。


もしアイマール、ダレッサンドロ、サビオラが実現したら最高ですね~!!まぁ、とにかくバルサからは早く出た方がいいですよね。完全に戦力外みたいだし・・。
e0067658_12185892.jpg

バレーボール観戦中(らしい)
[PR]
by sakananokandume | 2006-08-15 12:26 | アルヘン

あいまーる入団会見

サラゴサに移籍したMFパブロ・アイマールは入団会見で、サラゴサが自分を必要としていることが入団の最大の動機だったと説明。さらに、周囲の期待がこんなに大きいのは初めてということで、「うれしいプレッシャーだ」という表現で喜びを表現した。さらに、「ビクトル・フェルナンデス監督が僕を呼んでくれ、周りから必要とされているからサラゴサに来た。こういうことはサッカー界でそれほどないことだ」と、語った。

自分のプレースタイルを好み、入団を心待ちにしていたビクトル・フェルナンデス監督については「全てにおいて満足している」と明らかにし、攻撃サッカーを目指すチームを「いいチームだ」と評した。

e0067658_1434069.jpg
アイマールはサラゴサと4年契約を結んだが、あらかじめリーダー的役割は拒否した。「僕の目標はまずチームになじむこと。リーダーとはピッチ上の戦いに勝たねばならない。それは歓迎すべきことだけど、僕にはまずしないといけないことがある」と、理由を述べた。

バレンシアを去ったことについては、「誰でもいつかは環境を変える時がある」とし、さらに「実際、契約の最終年ではなかったしね」と述べ、5年半のバレンシア在籍時に問題があったことを示唆したが、移籍を決めた今は「とてもうれしい」と、語った。

サラゴサのスポーツ・ディレクター(SD)であるミゲル・パルデサ氏はアイマール獲得について「簡単ではなかった」と振り返り、交渉がうまくいく様子もなく、「あきらめないといけないところだった」と、語った。そして、「アイマール獲得は会長はじめ、多くの人の努力の成果である」とした。

パルデサSDはアイマールに対する報酬について「落ち着いて対処し、解決した」と述べた。そして、「これ以上の報酬を払うことはないが、これまでの5年間を見てアイマールの能力に疑いの余地はない」と、続けた。最後に、パルデサSDはサラゴサの街もチームもアイマールのことを「両手を広げて歓迎している」とし、「幸運を祈っている」と、述べた。

e0067658_148144.jpg

ユニホームは普通に似合ってて良かったっす。がんばれ、パブロ(>∀<)!!
[PR]
by sakananokandume | 2006-08-01 14:11 | リーガエスパニョーラ