海外(欧州)さっかー中心(+たまにF1)のみーはーぶろぐです。姉妹で更新中☆姉はユーべ&アッズーリ&ヤルノ、妹はローマ&アルヘン&ジェンソン応援してます。近頃更新サボり気味ですいませんm(_ _;)m


by sakananokandume
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:移籍のうわさ( 53 )

ロナウドがインテルへ?

R・マドリーのロナウドが、ペレス会長にシーズン終了後の移籍を要請したらしい。
前に在籍していたインテルが第一の候補で、アーセナル、ユナイテッドなども
候補だということです。→スポーツナビ
マドリーは冬の移籍市場でカッサーノ(ローマ)やカイト(フェイエノールト)の獲得を
狙っていると言われてますが、ロナウドは故障がちだし、いいFWが見つかれば
移籍は大いにありえそうですね。
[PR]
by sakananokandume | 2005-12-16 23:19 | 移籍のうわさ
ビジャレアルが冬の移籍マーケットで、インデペンディエンテ(アルゼンチン)所属の
セルヒオ・アグエロ(愛称 クン・アグエロ)を狙っているとか。
しかも、クラブ市場最高額の1200万ユーロ(約17億円)での正式オファー。

しかし、インテル、ユベントス、チェルシー、レアル・マドリーなどのビッグクラブも
彼に興味を示していて、さらにはインデペンディエンテ側は最低2000ドル(約24億円)
でと考えており、後期リーグまでアグエロを留めておきたいよう。

彼は、メッシかアグエロか、と言われているアルヘン超期待の17歳!
ペケルマン監督もアグエロを代表メンバーの候補に考えてています。
さてどこが獲得するんでしょう~(´ー`)
ちなみに、彼の愛称の"クン"ですが、小さい頃好きでよく見ていた日本のアニメの
登場人物の名前をうまく言えなくて、クン、クンと呼んでいたことから
お母さんがそう呼ぶようになったそうですよ♪何のアニメか気になります~。
しっかしアルヘンの若手にはこれから注目すね。
[PR]
by sakananokandume | 2005-12-04 00:40 | 移籍のうわさ
ドイツ代表MFミヒャエル・バラック(29)の有力な移籍先と見られていたマンチェスター・ユナイテッドは、彼の獲得計画を白紙に戻したようだ。
アレックス・ファーガソン監督は、ジャーナリスト達の前でバラックの代理人と交渉したことを認めたが、それと同時に「バラックは素晴らしい選手だが、うちのウェイン・ルーニーやポール・スコールズとタイプが似すぎている」として、1月からはほかの選手獲得に目を向けたいと口にした。
バイエルン・ミュンヘンとの契約が2006年6月で切れるバラックには、現在レアル・マドリーからオファーが届いているとのうわさだ。バイエルンとの契約延長交渉は、バラックが返事を保留しているせいで現在もまとまっておらず、決裂する可能性も高い。

スポーツナビ

やっぱマドリーですかね~?
[PR]
by sakananokandume | 2005-11-27 23:00 | 移籍のうわさ
ユベントスはマンチェスター・ユナイテッド(マンU)と契約を解消したばかりのロイ・キーンとのコンタクトを否定した。

現在ユベントスに所属するパトリック・ビエイラは、アーセナルで過ごした9シーズンの間、当時マンUの主将だったロイ・キーンが最大のライバルとなっていた。イングランドのマスコミは、ユベントスがキーンに興味を持っていると報じ、2人がユベントスで一緒にプレーする可能性を示唆していた。

また、ローマもキーン獲得の意志を否定している。

スポーツナビ
[PR]
by sakananokandume | 2005-11-23 00:45 | 移籍のうわさ
チェルシー戦で故障したオリベイラの穴を埋める選手を探していたベティスが、冬の移籍市場に向け動き始めている。クラブのブラダ・ストシッチTDは先日、様々な選手の情報を集めるためにブラジルに滞在していた。現在のところ具体的な話はないようだが、すでに様々な噂が飛び交っている。
つい最近名前が挙がった選手は、クリスティアン・ビエリである。イタリアではベティスが彼に対してオファーを出したと報道。ビエリはミランに所属しているものの、出場機会もなくミランを出て行く気持ちはあるようだ。彼の希望は来年のドイツW杯に出ることだが、そのためには試合に出る必要がある。現在第4FWと位置づけられている状態では、ミランでそのチャンスを待っているわけにもいかない。
アンチェロッティ監督の構想では、ビエリよりもシェフチェンコ、インザーギ、ジラルディーノが優先である。そのため、ビエリにはヨーロッパの数多くのオファーが届いているようだ。その中でも、特に獲得を強く希望しているのがビジャレアル。エスパニョールもビエリを狙っているとの噂がある。

最近は衰えが否めないボボですが、W杯を目指すなら移籍した方がいいかも・・・?
しかし私はカッサーノに出て欲しかったり…。ボボゴメン
[PR]
by sakananokandume | 2005-11-18 23:09 | 移籍のうわさ
ミランはバラックにもロナウドにもローレンにも興味は持っていない。アドリアーノ・ガッリアーニの言葉である。代表取締役のガッリアーニはミランの公式サイト上にコメントを掲載し、クラブの立場を正式に明らかにした。

「バラックは素晴らしい選手だが、ミランは彼に興味を持ってはいない。彼の得意とするポジションにはカカとルイ・コスタがおり、われわれは2人を全面的に信頼している」

 ミヒャエル・バラックはシーズン終了後に移籍金ゼロでバイエルン・ミュンヘンを退団する。すでにレアル・マドリーと大筋での合意に達したと見られているが、チェルシーやマンチェスター・ユナイテッドも獲得を争っている。

スポーツナビより

結論は1月になるということらしいですが・・・。詳しくはこちらをご覧ください。
[PR]
by sakananokandume | 2005-11-18 17:13 | 移籍のうわさ

まとめて移籍情報

●バイエルン・ミュンヘンは、ミヒャエル・バラックに提示したオファーを正式に取り下げたが、バラック自身は、ワールドカップ後のことについては、まだいかなる可能性も残っていると考えている。
「僕は単にオファーをじっくりと検討したいだけなんだ……。バイエルンに背を向けたわけでは決してないし、次のシーズンもバイエルンに残る可能性は依然としてある」
バラックはミュンヘンの新聞に、このようなコメントを寄せている。レアル・マドリーとマンチェスター・ユナイテッドからアプローチを受けているバラックのバイエルンとの契約は、2006年6月に終了する。→バラック関連記事

●ドイツのマスコミ、とりわけ『ビルト』誌は、バイエルン・ミュンヘンのウィリー・サニョルが、2006年ワールドカップ終了後の来季、ユベントスでプレーすることになるかもしれないと報じている。
昨夏のクロアチア人選手、ロベルト・コバチと同じパターンだ。『ビルト』誌はまた、移籍金は2000万ユーロ(約27億8000万円)とも見積もっている。

●リバプールに所属するポーランド人GKイェルジー・デュデクの代理人は、ポルトガルの日刊紙『オ・ジョゴ』の取材に応じ、昨シーズンのチャンピオンズリーグでミランを倒して一躍リバプールのヒーローとなったデュデクが、ポルトガルチャンピオンのベンフィカでプレーする可能性があることを明らかにした。
ベンフィカの現在の監督、ロナルド・クーマンは、フェイエノールトでかつてデュデクと一緒にプレーしたことがある。

●ストラスブールにテスト入団していた元ドイツ代表選手のフレディ・ボビッチは、結局加入を認められなかった。
「ボビッチのプレースタイルはミカエル・パジに似過ぎている。求めているのは、もっと深いところまで目の届く選手だ」と、ジャッキー・ドゥゲペルー監督は公式サイトで述べている。

以上スポーツナビより
[PR]
by sakananokandume | 2005-11-17 23:00 | 移籍のうわさ
パラグアイ代表FWロケ・サンタクルス(24)は、所属するバイエルン・ミュンヘンとの契約を2009年まで延長することで合意した。十字じん帯断裂のため現在休養中のサンタクルスの契約は今季末で切れるため、ヘルタ・ベルリンが獲得に関心を見せていた。

スポーツナビより
[PR]
by sakananokandume | 2005-11-16 22:21 | 移籍のうわさ

バラックの去就

バイエルン・ミュンヘンのミヒャエル・バラックは、来年6月に終了する契約の更新は行わないもようだ。バラックの代理人は既に幾つかのクラブとコンタクトを取っており、その中にはFCバルセロナとレアル・マドリーも入っている。どうやら、レアルの方がバルセロナよりもこの話に乗り気なようで、スペイン国内のマスコミによると、既に契約の内容はほぼ決まっているとか。→バルサには断わられていた?!
バラックは来年の1月以降、自分の行きたいクラブと契約を交わすことができる。

スポーツナビより

マドリー側の代理人は興味はないと言ってるみたいですが…果たして…。
[PR]
by sakananokandume | 2005-11-16 22:18 | 移籍のうわさ
レアル・マドリーはアントニオ・カッサーノに扉を完全に閉ざした。
「われわれは彼に興味はない。そのポジションは十分に埋まっている。アントニオ・カッサーノはローマとの契約延長にサインしてチームに復帰し、6月にはどこかビッグクラブに移ることになるだろう。国外かもしれない。解決策は見つかるはずだ。カッサーノの起こす騒動にかかわらず、彼の能力さえ否定するのであればサッカー界は終わりだ」
 レアル・マドリーの代理人エルネスト・ブロンゼッティは『ラディオ・インコントロ』のインタビューに対して、このように語った。

More
[PR]
by sakananokandume | 2005-11-16 22:04 | 移籍のうわさ