「ほっ」と。キャンペーン

海外(欧州)さっかー中心(+たまにF1)のみーはーぶろぐです。姉妹で更新中☆姉はユーべ&アッズーリ&ヤルノ、妹はローマ&アルヘン&ジェンソン応援してます。近頃更新サボり気味ですいませんm(_ _;)m


by sakananokandume
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

2006年 07月 16日 ( 2 )

ベロンがペケ批判

“失敗”とまでは言わないものの、アルゼンチン代表の結果に不満を爆発させたベロン。特にペケルマン監督のリケルメに依存した戦術を厳しく攻撃した。「リケルメが二人の選手に囲まれて、それをかわして20メートル走り、さらにいいパスを出させるなんて不可能だ」と語っている。

さらにドイツ戦で後半にリケルメを下げたことにも納得していない様子で「あの試合のミスはリケルメを下げて、さらにアイマールを入れなかったことだ。カンビアッソのような守備的な選手を入れれば、必然的にチームは後ろに下がり気味になる」と分析した。

またルーチョ・ゴンサレスはリケルメやアイマールと違い、トップ下でボールを持ち、局面を打開するタイプの選手ではないと語り、さらにはメッシーやテベスとも違ってカウンターにでる選手でもないとのことで「彼は役に立たなかった」と厳しく非難している。

最後に、自分が代表に呼ばれなかったことには理解を示したものの、外から代表の試合を見つめるのは不安で仕方なかったと明かしている。


管理人もリケルメ下げてカンビアッソ入れたのには、えっ!?って思いました。あとクルスが入った時もえっ!って思いましたね。何かドイツ戦はベンチがやたら豪華だった気が・・。
ルチョくんについても厳し~く非難してますね。
[PR]
by sakananokandume | 2006-07-16 21:13 | アルヘン
やっぱり大量放出は避けられないようですね。

・マドリー⇒カンナバーロ、ザンブロッタ、エメルソン
・バルサ⇒テュラム
・バレンシア⇒ヴィエラ、カモラネージ
・チェルシー⇒カンナバーロ、ザンブロッタ
・アーセナル⇒トレセゲ、ブッフォン、ヴィエラ
・インテル⇒トレセゲ、カモラネージ
・バイエルン⇒ブッフォン

などなど。狙われております(^_^;)

マドリーはカペッロがいますからねぇ。
カンナバーロなんかは、期限付きでマドリーに移籍するのでは、なんて話も
出ていたけど、一方でアブラモビッチと接触しているとかなんとか。
まーどっちにしても出て行くんでしょうな・・・。
ユーヴェの新監督に就任したデシャンは、引き留めたい選手として彼の名を
挙げていましたが。

e0067658_15333633.jpgちなみにデシャン監督は94年から99年までユーヴェでプレーし、チャンピオンズリーグ優勝も果たした名選手。98年W杯でフランスを初優勝に導いたキャプテンでもあります。

会見では・・・

「ユベントスに選ばれたことをとても誇りに思っている。仕事に取り組む姿勢や熱意は、選手時代と変わっていない。道が険しくなればなるほど、その障害を乗り越えようという気持ちがわいてくる」

“サッカー不正疑惑”の判決について
「現時点ではまだ、どこからスタートすることになるのか分からない。だが、イタリア国内だけでなくヨーロッパ全体で大きな意味を持つこのユニホームの名誉を汚さないようにすることは、チーム全員の義務だ。
 フランスから状況を見守っていたが、どんな問題でもメディアに乗せられると存在が大きくなり過ぎてしまう。悲しいのは、これはサッカーそのものの敗北だということだ。誰も、ここまで重い判決は予想していなかった。私が最初に感じたのは、落胆と悲しみだった。会長やクラブの人々も、怒りと悔しさをあらわにしていた」

「たとえ30ポイントのペナルティーがあろうとも、できるだけ早くユベントスを本来の位置に引き上げられるよう頑張るつもりだ」

などなど勇気づけられるお言葉。まぁほんっとに大変になるのは誰もが分かっている
ことではありますが、頑張ってもらいたいです。

さらに、やっぱり嬉しいというかアッズーリ優勝並みに感動したのは、

アレの残留表明!!

デシャン監督はこのことについて、
 
「選手たちに関しては1人ずつ状態を確認していく。デルピエロとは話をしたが、『人生を懸けた選択をした』と言っていた。彼は残留すると思っている。チームを象徴する存在であり、チームに強い愛着を持っている選手だ。 ネドベドに関しても同じことが言える。・・・」

二人は処分発表前から残留を表明していましたが、処分が出てこういう厳しい
状況では心変わりしちゃうんでは・・・と心配でもありました。
でも、改めて聞くとほんとに嬉しいです。
[PR]
by sakananokandume | 2006-07-16 15:49 | 移籍のうわさ