海外(欧州)さっかー中心(+たまにF1)のみーはーぶろぐです。姉妹で更新中☆姉はユーべ&アッズーリ&ヤルノ、妹はローマ&アルヘン&ジェンソン応援してます。近頃更新サボり気味ですいませんm(_ _;)m


by sakananokandume
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

フィジコ、無謀な若者に警告

シーズンも終わってしばらくF1のニュースをあまり見てなかったんですが(汗)
気になったニュースなどぼちぼち書きとめていきます。

これはF1Racing.jpの19日の記事です。

先週の土曜日、イタリアのローマにおいて悲劇が起きた。非合法のレースを公道で行なっていた3人の若者がクラッシュを起こし、1人が死亡し他の2人も重傷となった。ローマ生まれのルノーF1ドライバーであるジャンカルロ フィジケラはその事故に衝撃を受け、ガゼッタ デッロ スポルト紙に対して、若者がこのようなリスクを犯すことを防ぐよう、文書を送って訴えかけている。



「土曜日の夜にローマの道端で起こったことは皆に衝撃を与えた。16歳にして馬鹿げたクレイジーなゲームのために生涯を失うというのは受け入れることのできない考えだ。たとえボクがレースカーでリスキーな仕事を続けているといっても、大きな衝撃となった」

「このような悲劇は痛ましいものではあるが、残念ながら長年にわたって発生していることであり、驚くべきことではない。ボクが10代だった頃も、ボクの街の周辺において、様々な場所で非合法でとても危険な競争が行なわれていた。ボクはそのことを知っていたし、時々目撃することもあった。それを阻止することは難しかった。しかし、不快な雰囲気はあったし、スポーツでもなければ楽しくもない。ボクもそれに陥っていたかもしれない。でも、ボクを抑えさせたのは、すぐに公道から離れてトラックへと情熱が傾けられたことだった。今では、カートは以前よりも魅力的で安全なものになっている。スピードが必要だということを示し、能力を証明するには理想的な場所だと思う。若者たちに対して、ハンドブレーキを引いてスピンしたり、コンクリートウォールの前でホイールをブロッキングしたりすることは、能力を証明するものではないし、ドライバーのすることではなく、馬鹿げたことであると言いたい。自分たちの頭脳をよく使うんだ。小さなミスが悲劇の原因に十分なり得てしまう」


ほんとにこういう事故がなくなりますように。
[PR]
by sakananokandume | 2005-11-30 01:18 | F1