海外(欧州)さっかー中心(+たまにF1)のみーはーぶろぐです。姉妹で更新中☆姉はユーべ&アッズーリ&ヤルノ、妹はローマ&アルヘン&ジェンソン応援してます。近頃更新サボり気味ですいませんm(_ _;)m


by sakananokandume
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

F1 2006年へ向けてルール変更の構え

2006年シーズン、F1は新しいルールを迎え入れることになるかもしれない。
最終戦の舞台となった上海において、FIA会長のマックス モズレーは、
“ノックアウト方式”の予選システムが導入され、タイヤ交換が復活するだろうと
仄めかした。

「これまでと異なった予選システムに行き着くだろう。そして、これからは
小さいエンジンを持つため、もし彼らがタイヤ交換を望むのであればそれも
ありだろう」と、まもなく開催されるF1委員会のミーティングへ向けて発言している。

シングルタイヤルールを撤廃することは、低迷するフェラーリとブリヂストンを
助けるためではないかという噂についてモズレーは、「誤った考えだ。常に
上下するものである。誰が最も多くのものを引き出すかなど、誰にも分からない」
と、答えている。

フェラーリのロス ブラウンも、そのようなルール変更はフェラーリを助けるためでは
なく、面白さのためのものだという考えに同意している。
「過去6年間において、新しいレギュレーションは我々の優勢を抑えるためのものに
すぎなかった」

しかし、当然フェラーリはタイヤ交換の復活を支持することになるだろう。
ブラウンは次のように続けている。
「予想されるように、マクラーレンだけがハッキリと反対している」

F1Racing.jpより
[PR]
by sakananokandume | 2005-10-17 22:06 | F1