海外(欧州)さっかー中心(+たまにF1)のみーはーぶろぐです。姉妹で更新中☆姉はユーべ&アッズーリ&ヤルノ、妹はローマ&アルヘン&ジェンソン応援してます。近頃更新サボり気味ですいませんm(_ _;)m


by sakananokandume
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ホンダ、BARを買収

ホンダはフォーミュラ1ワールドチャンピオンシップに勝利するため、
BARホンダF1チームの株式を100%保有するという決定を発表にした。



BARの株式の45%を取得してから1年も経っていないが、ホンダは
BARの創設者であるブリティッシュ・アメリカン・タバコ社の55%の
持分を獲得することに合意した。ホンダは2005年の終わりまでに残りの
株式の購入を完了する予定である。この決定は、今週末の日本グランプリに
向けて、本日(4日)東京で行われたホンダの記者会見において発表された。
この鈴鹿でのレースはホンダがBARと組んで100戦目のレースでもある。

6年間のBARとの道のりで、ホンダのF1プログラムは強力に進められてきた。
2000年にホンダは、BARへのエンジン供給、そしてシャシーの共同開発という
形でF1グランプリに戻ってきた。2001年の12月には、シャシーの共同開発
プロジェクトの強化という条項を含んだ、2002年からの新たな3年契約を結ばれ、
2004年の7月には、さらなる技術開発のパートナーシップの強化を目指すことを
含んだ2007年までの契約が合意された。

2004年シーズンではホンダはF1参戦40周年を向かえ、BARホンダは
コンストラクターズ2位を獲得した。そして今ホンダは、この先数年で
コンストラクターズでチャンピオンを獲得することを目指すには、チームの
100%の株式を保有することが決定的に重要なステップであると考えている。

チームは現在のイギリスのブラックレーの本拠地から、バークシャーの
HRDホンダ・レーシング・ディベロップメントと共同して、その運営を継続していく。

F1Racing.jp 2005より

先にひとりさんから情報をいただいていたんですが、
遂に正式発表となりました。
これで38年ぶりにホンダ単独のチームでF1に臨むことに。
これでバトンを解雇できるとか、色々な噂を聞きますが、
琢磨選手はどうなるんでしょうか。ホンダが新チームに
エンジンを供給し、琢磨はそのチームで走る、ということも
出ているようです。
[PR]
by sakananokandume | 2005-10-04 19:09 | F1