海外(欧州)さっかー中心(+たまにF1)のみーはーぶろぐです。姉妹で更新中☆姉はユーべ&アッズーリ&ヤルノ、妹はローマ&アルヘン&ジェンソン応援してます。近頃更新サボり気味ですいませんm(_ _;)m


by sakananokandume
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

デポルティーボ戦でアイマールに何が?!

ヴァレンシアホームでのデポルティボ戦。
結果は2-2のドローだったんですが…



序盤こそヴァレンシアはデポルの強固な守備に苦しみ、デポルも控えめに
カウンターを狙うだけの単調な展開だった。お互いに相手のミスから
チャンスを作るものの、なかなか点は奪えず。そしてついに、ディエゴ・
トリスタンがバレロンからのキラーパスを受けてクロスシュート。
これで先制となる。
この先制の後、流れは完全にデポルに傾いた。
そんな中、キケ・フローレス監督は落ち着かず、イトゥラルデ・ゴンサレス主審に
対して抗議することで試合をかき回す。実際、デポルは非常に微妙なオフサイドの
判定で、貴重な勝ち越し点につながるはずだったカウンターのチャンスをつぶされた。

前半終了直前、主審はマヌエル・パブロに対する強烈なファウルで
ルベン・バラハに一発退場を宣告。この判定に不満をもつバレンシアの選手たちは、
ハーフタイムの笛がなった瞬間から猛抗議し、デポルの選手らと衝突する。
特にカプデビラとアイマールのやり合いははげしく、アイマールは鼻から血を流した
状態でロッカールームに引き返した。
しかしこの審判に対する不服は、後半開始間もなく形を変えてしまった。
バレンシアはアンドラーデのハンドによるPKを獲得。一度はモリーナが
ビージャのPKを止めたものの、主審はデポルの選手がエリア内に入っていた
としてやり直しを指示したのである。デポルの抗議もむなしく、ビージャは2度目の
PKをきっちりと決めて同点とする。ちなみに、2度目のPKでも何人かがエリア内に
いたが、これに対して主審は何も言わなかった。

その後ムニティスが不必要なハンドで2枚目のカードをもらい退場。
ここからゲームはますます混迷を極めていく。試合終了まで10分、ミゲルが
ミサイルのような強烈なシュートを叩き込み、ついにバレンシアは逆転する。
しかし、それまでに全力を使い果たしたバレンシアはそこで集中力が切れ、
守備のミスから土壇場にセルヒオの同点弾を許してしまう。ぎりぎりまで勝利を
手中に収めていたバレンシアだったが、試合は引き分けに終わった。

とまぁ、試合はいろいろなことがあったみたいですが、さかなのかんづめ的に
最も注目すべきところはここでしょう!



一体何があったんでしょうね?
アイマールがつばをはきかけたとか…。鼻はどうやら骨折していたみたいです。
よっぽど激しい殴り合いでもあったんでしょうか?それともタックルなんかで
折れちゃったんでしょうかね?
詳しくはよく分かりませんが(ーー;)
ちなみにこのことについては妹が書くはずだったんですが、
アイマール負傷とつばはきのショックで書けないってことで、
ワタクシ姉が書くことになりました。
ちなみに妹もバスケの試合で鼻を骨折したことがあります。(関係ナシ)
アイマールにつばはきって、なんか似合わないすね~。

この試合、コロも途中出場していたようですよん(^^*)
[PR]
by sakananokandume | 2005-09-21 03:51 | リーガエスパニョーラ